口元 口を開ける患者 レントゲンを見る医師
患者と医師と助手

歯科の審美歯科では歯を白くするためのホワイトニング治療を行っていますが、歯を白くする時に注意する点があります。

代表的な注意点としては、ホワイトニング治療を行って永久的に白く保てるというわけではありません。
時間が経つ度に効果が少しずつ無くなっていくため、黄ばみが現れてきてしまいます。 Read More

レントゲン

普段口にしている飲食の中には歯の黄ばみを引き起こしているものも含まれています。
例えばタバコやコーヒーなどが挙げられていますが、この中の含まれている成分によって歯が黄色く変色してしまいます。
歯を白くするためにホワイトニングを歯科の審美歯科で行うと、すぐに効果を実感することができます。

ですが今後の生活をしていく上で気をつけなければならないこともあります。 Read More

器具の受け渡し

生まれつき歯に少し黄ばみがかかっている人もいれば、幼いころに抗生物質などの薬を行った副作用で黄ばんでしまうという方もいます。
また何年もの歯の歯垢の汚れなどが溜まっていった結果、歯の黄ばみとして出てくるときもあります。
日頃の歯磨きも歯のケアをしていく上でとても重要なものとなってくるのですが、黄ばみがかかってしまったものは歯科の審美歯科でホワイトニングを行わないといけません。 Read More

笑顔で歯磨きする女性

歯を白くするためのホワイトニングと聞くと安全なのかと不安になる方も少なくないはずです。
現在では医学が進歩していきているためアメリカでも歯科の審美歯科でこのホワイトニング方法を取り入れているところも多いです。

ホワイトニングの方法にも以前では歯を削って無理やり白くする方が取り入れられていましたが、そのやり方になってしまうと歯自体にダメージを与えてしまうため負担がとても大きいのがデメリットになります。 Read More

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930